1. HOME
  2. ブログ
  3. さばいわし削りの出汁で作る炒り煮

さばいわし削りの出汁で作る炒り煮

このレシピでは混合削り出汁で作る野菜の炒り煮を紹介します。

炒り煮とは、鍋で野菜を炒めてから出汁で煮て調味料を加えて作る調理法です。
炒めることで野菜に火が通りますので、煮る時間が少なくなり、煮崩れしにくく、野菜の食感を楽しむことができます。

今回は野菜の風味を引き立てるために、甘味のあるサバ削りとコクのあるイワシ削りの出汁を使用しています。
野菜が主役の炒り煮ですが、お好みで鶏肉や牛肉などを加えていただくと、より旨味が強くなります。

このレシピで使っているおだし

さばといわしの混合削り
野菜の風味を引き立てるために、甘味のあるサバ削りとコクのあるイワシ削りを合わせた削り節です。
サバ削りとイワシ削りをお好みの割合でブレンドしていただいても構いません。

 

材料 

混合削り出汁 600cc
ごぼう1/2本(約100g)
ニンジン小1本(約100g)
れんこん小1個
しいたけ4枚
たけのこ1/2個(約200g)
こんにゃく200g
絹さや10枚
ごま油大さじ1
砂糖大さじ1
濃口醤油大さじ1
薄口醤油大さじ1
本みりん小さじ1

作り方

1. さばいわし削りの出汁600ccを取ります。取り方はこちらをご覧ください。

2. ごぼう1/2本を一口大に切ります。たっぷりの水に10分ほどさらしてアクを抜き、ザルに上げます。

3. れんこん小1個を食べやすい大きさに切ります。1リットルに小さじ1の分量で作った酢水に10分ほどつけてから、ザルに上げます。

4. にんじん小1本・たけのこ1/2個・生椎茸4枚を食べやすい大きさに切ります。

5. コンニャク200gを一口大に切ります。下茹でが必要なコンニャクは1~2分ほど湯がいてください。

6. 鍋を中火に掛け、ゴマ油大さじ1を入れて、すべての材料を炒めます。

7. ゴマ油が全体にまわるまで軽く炒めたら、出汁600ccを注ぎ入れます。全体が浸るように入れますので、出汁の量は加減してください。

8. 沸騰したら中弱火にして10分ほど煮ます。

9. ごぼうを竹串でさしてスッと通るくらいに柔らかくなったら、砂糖大さじ1を入れます。

10. 砂糖が煮溶けて全体に回ったら、濃口醤油大さじ1、薄口醤油大さじ1を回し入れて、そのまま5分ほど煮ます。

11. 仕上げに、本みりん小さじ1を入れて、ひと煮立ちしたら火を止めます。

12. 絹さやの筋を取って皿に並べ、ふわっとラップを掛けて電子レンジで20~30秒ほど温めます。

13. 冷まし置いた鍋を中火に掛け、鍋を返しながら温めなおします。

14. 皿に盛り付け、絹さやを散らしたら出来上がりです。

 
 

ワンポイントアドバイス

✓手順2、3、4: ここで使う野菜は火の入りに差がないので、同じくらいの大きさに切ってください。
✓手順5: コンニャクはスプーンでそぎ取るように切り分けると、味がしみやすくなります。
✓手順6: お好みで鷹の爪を加えると、少し辛めの煮物に仕上がります。
✓手順11: 煮物は冷めながら味が馴染んでいきますので、時々鍋を返しながら冷まし置くと味にコクが出ます。

関連記事