1. HOME
  2. ブログ
  3. えそ煮干しで作るかぼちゃ粥

えそ煮干しで作るかぼちゃ粥

この記事では、えそ煮干しの出汁で作るかぼちゃ粥のレシピを紹介します。

「えそ」はうま味の強い白身魚で、高級かまぼこや練り製品の原料として使われています。
そのような用途からも想像できますが、えそ煮干しの出汁は濃厚で甘味があり、魚臭が少なくクセもありません。

えそ煮干しの甘味はカボチャの甘味とも相性が良く、ひとつまみの塩で味付けるだけで、甘味の豊かな深い味わいのお粥に仕上がります。

寒くなってくる秋から冬にかけてオススメのレシピです。
この時期が旬のカボチャをご堪能ください。

このレシピで使っているおだし

えそ煮干し
うま味が強く、魚臭さの少ない煮干しですので、カボチャの甘味を活かしてくれます。

材料

えそ煮干し出汁約600cc
白米半合
かぼちゃ小1/8個 (約170g)
小さじ1/4

作り方

1. えそ煮干し出汁600ccを用意します。出汁の取り方は こちらを参考にしてください。

2.  お釜で米半合をとぎます。

3. カボチャの種とワタを取り除いたら、1.5~2cm角に切ります。

 

4. 米をといだお釜に、常温に冷ましたえそ煮干し出汁約600ccを全粥の目盛りまで入れます。

5. 塩を小さじ1/4入れ、混ぜ合わせます。

6. 切ったカボチャをのせ、蓋をして全粥炊きモードで炊きます。

7. 炊きあがったら、ざっくりと混ぜ合わせて完成です。

 

ワンポイントアドバイス

✓手順3:画像ではカボチャを皮ごと使っていますが、カボチャの皮が苦手な方はむいても大丈夫です。
✓手順4:余った出汁は味噌汁にしたり、茶碗蒸しに使ったりできます。

おすすめ記事

えそ煮干しの出汁の取り方

この記事では、えそ煮干しの出汁の取り方(煮出し法・水出し法)を説明します。煮出し法で取った出汁は、濃厚な甘みのある風味ですので、味噌汁・うどん麺つゆ・雑煮などの料理にご利用ください。水出し法で取った出汁は、煮出しに比べるとややあっさりしていますので、お吸い物やお雑煮、椀物などに向いています。
コメントなし

えそ煮干しで作る茶碗蒸し

「茶碗蒸し」といえば、カツオの出汁で作ることが一般的ですが、今回はえそ煮干しを使って、コクと甘味を重視した茶碗蒸しのレシピをご紹介します。えそ煮干しからはうま味が豊富で、コクと甘味のある出汁が取れます。出汁の風味がしっかりしていますので、味付けは塩と醤油を軽く加えていただくだけで十分です。
コメントなし

関連記事