1. HOME
  2. ブログ
  3. 本枯節中厚削りの出し殻で作るペットごはん

本枯節中厚削りの出し殻で作るペットごはん

このレシピでは、本枯節中厚削りの出し殻で作るペットごはんを紹介します。

ワンちゃんやネコちゃんが大好きなかつお節
栄養が豊富ですので、おやつやお留守番のご褒美に与えている方もいらっしゃると思います。

ただ、ペットの食事では食材の塩分含有量に注意しなければいけません。
日本食品標準成分表(2015年版)によれば、かつお節100gに含まれている食塩相当量は1.2gです。
これは決して高い数値ではありませんが、他のご飯との兼ね合いでは塩分量を抑えた方がよい場合もあります。

そこで、塩分量を気にされるのであれば、出汁を取ったあとの出し殻(だしがら)を活用することをオススメします。
出し殻であれば、出汁に塩分が溶け出しているため、塩分含有量が少なくなっています。
出し殻であっても良質なタンパク質などが残っていますよ。

そのまま、あるいはご飯にまぜて与えてください。

※ このレシピで使っている中厚削りは厚い削り節です。
小型のワンちゃんやネコちゃんに与えるときは、ミキサーやミルで細かくすると安心です。

このレシピで使っているおだし

本枯節中厚削り
かつお節の中でも高級品で、香り高い出汁が取れます。厚い削り節ですので、しっかりとした噛みごたえがあります。

材料

本枯節厚削りのダシガラ30g

作り方

1. 真フライパンを中火に掛け、本枯節中厚削りのダシガラを入れます。

2.  菜箸でかき混ぜながら水分をとばします。

3. 10分程度乾煎りすると、パリパリになってきます。お好みのパリパリ感で火を止めてください。

 

4. 粉末にする場合は、粗熱を取ってからミキサーやミルに掛けてください。

ワンポイントアドバイス

✓手順3:手順4でミルやミキサーに掛ける場合は、水分が抜けるまで乾かすと粉末になりやすいです。

おすすめ記事

だしがらを利用してもう一品を作る方法!(かつお節編)

かつお節のだしがら(出し殻)にはうま味成分や良質なタンパク質が残っているので、何もせずに捨ててしまうのは本当にもったいないです。だしがらは、醤油やみりんでちょっと味付けをするだけで、佃煮や甘辛煮に変わり、美味しくいただけます。この記事でご紹介するのは、かつお節のだしがらでオリジナルふりかけを作る方法です。
コメントなし

関連記事