1. HOME
  2. ブログ
  3. 煮干しのだしがらでペットのごはん

煮干しのだしがらでペットのごはん

大切な家族の一員であるワンちゃんやニャンちゃん。毎日のご飯に気を遣っていらっしゃる方も多いと思います。ここでは、煮干し出汁をとったあとのダシガラをペット(犬・猫)のおやつやご飯に活用するレシピを紹介します。ペットショップの陳列棚には、ジャーキーなどと一緒に煮干しが並んでいますが、わざわざペット用の煮干しを求めなくても、飼い主さんが取った煮干のダシガラを使えば、一石二鳥です。ダシガラは柔らかいので、年老いたペットにも安心して与えられます。さらに、煮干しのダシガラはカルシウムが豊富で、塩分量の心配も少ないですしね。カタクチイワシウルメイワシ平子いわしなどの煮干しがありますが、小型のペットには、骨が小さくて安全な小魚のかえり鰯をオススメします。

煮干しのだしがらの活用方法

※ 写真では、小型のペットにも安心なかえり鰯のだしがらを使用しています

カリッと香ばしいおやつ

出し殻をフライパンで入れ、中火で4~5分ほど乾煎りします
ダシガラの大きさによって煎り時間が変わります。お好みの煎り加減を調整してください。もちろん、飼い主さんも一緒に食べられますよ。

ペットフード

毎日のペットフードにふりかけてください
ペットフードと煮干しをよく混ぜないと、先に煮干しだけを全部食べてしまうワンちゃん、ネコちゃんもいますよ!

チーズリゾット

白米とチーズのリゾットにのせてください
チーズは高たんぱくでカルシウムが豊富ですが、塩分や脂肪分も含まれています。ペットには、犬猫用のチーズを体重や体調に合わせて与えてください。白米の代わりにペットフードでリゾットを作ってもいいですね。

おからハンバーグ

おからと野菜と混ぜてハンバーグにします
おからは高たんぱくで低カロリーな食材です。刻んだ野菜や煮干しのだしがらにかつお粉末を混ぜ込むと、より栄養も風味も良くなります。

ヨーグルト

ヨーグルトを混ぜ込んで、おやつにしてください
ヨーグルトにはカルシウムが豊富ですし整腸作用がありますが、与えすぎますと肥満や下痢などの原因になります。体重や体調を考慮して、与える量を決めてください。ヨーグルトはプレーン(無糖・無脂肪・低脂肪)なものを選んでください。

他にも…だしがらをミキサーや包丁などで細かく刻めば、手作りクッキーや蒸しパンに混ぜ込むこともできます。

最後に

飼い主さんの心を癒してくれるワンちゃんやニャンちゃんに掛けてあげられる時間は、それぞれだと思います。たまには、煎ったダシガラを一緒に食べる時間が持てたら、楽しいですね。

おすすめ記事

だしがらを利用してもう一品を作る方法!(にぼし編)

煮干しのだしがら(出し殻)をどうされていますか?カルシウムなどの栄養が豊富なにぼしを捨ててしまうのはもったいないです。ここでは、ご飯のすすむ甘辛煮の作り方をご紹介します。おだしを取ったついでに夕食のおかずがもう一品増えたら嬉しいですよね。
コメントなし

関連記事