1. HOME
  2. ブログ
  3. かつお出汁のコーンスープ

かつお出汁のコーンスープ

このレシピでは、かつお出汁のコーンスープの作り方を紹介します。

6~9月が旬のトウモロコシ
鮮やかな黄色に、シャキシャキとする食感甘みが特徴的ですよね。

このトウモロコシを使ってコーンスープを作るとき、ベースにコンソメやブイヨンを使うことが一般的です。

しかし、せっかくの旬の野菜ですので、素材の風味をより楽しむには、ベースにかつお出汁を使うことをオススメします。
かつお出汁はコンソメやブイヨンと比べると主張が少なく、素材そのものの味を活かし、スープ全体をまろやかにする働きがあります。

さらに、コーンスープの主なうま味成分であるグルタミン酸は、かつお出汁のうま味成分であるイノシン酸と相性が良く、うま味の相乗効果が働きます。

温かくても冷たくても、どちらでも美味しいスープですので、
そのときの気分に合わせて作ってみてください。

このレシピで使っているおだし

かつお削り
野菜や牛乳のうま味成分と相性が良く、うま味の相乗効果が働きます。スープ全体をまろやかにし、素材の味を引き立ててくれます。

材料 

トウモロコシ(可食部)300g(茹でたもの)
かつお削り出汁200cc
バター大さじ 2
薄力粉大さじ 2
牛乳400cc
適宜
白粒コショウ適宜
パセリ適宜

作り方

1. かつお削り出汁を200cc用意します。かつお削り出汁の取り方はこちらを参考にしてください。

2. トウモロコシ300gとかつお削り出汁200ccをミキサーに入れます。

3. ミキサーでトウモロコシをお好みのとろみになるまでつぶします。

4. 小鍋で牛乳400ccをぬるめに温めます。

 

5. 別の鍋に、バター大さじ2を入れ、とろ火に掛けます。

6. バターが溶けてきたら、薄力粉大さじ2を加えます。

7. 焦げ付かせないように気をつけながら、薄力粉がダマにならないように、ヘラで混ぜ合わせます。

8. バターと薄力粉が混ざったら、温めた牛乳100ccを加え、全体をなじませます。

9. 牛乳100ccを加え、全体をなじませます。これを牛乳が終わるまで繰り返します。(計4回)

10. 鍋に手順3で作ったトウモロコシを加えます。

11. 鍋底から混ぜ合わせたら、塩・白粒コショウで味を整えます。

12. ぷつぷつ煮立ってきたら火を止めてください。スープ皿に盛り、パセリをのせたら完成です。

ワンポイントアドバイス

✓ 手順3: とうもろこしのとろみ加減はお好みで、つぶつぶ感を残したい時には、短めにミキサーに掛けてください。
また、半量をミキサーに掛けて、残りの半量をつぶつぶのままスープにしても食感が変わって美味しいです。
✓ 手順10:とうもろこしは裏ごしをしていないので、薄皮の食感が舌に残ります。なめらかなスープに仕上げたい時には、混ぜ合わせる前に裏ごしをしてください。

関連記事