1. HOME
  2. ブログ
  3. かつおたっぷりタケノコの土佐煮

かつおたっぷりタケノコの土佐煮

この記事では、たけのこの土佐煮のレシピを紹介します。

「土佐煮(とさに)」はかつおの風味を効かせた煮物で、かつお節の産地・土佐(高知県)から名付けられています。タケノコをかつお出汁で煮てさらにかつお削りをまぶして仕上げる鰹づくしの一品です。
醤油で濃い目に味付けしますので、ご飯が進みますよ!

このレシピで使っているおだし

かつお削り
淡白な風味のタケノコに、かつお削りの旨味がコクを加えます。タケノコに含まれるうま味成分(グルタミン酸)とかつおに含まれるうま味成分(イノシン酸)の相乗効果で、噛みしめるたびにうま味が広がります。

かつおソフト削り
仕上げにまぶすかつお節には、ソフト削りを使います。細かく削られているので、タケノコに絡みやすいです。

材料

かつお出汁約500~600cc(かぶるくらい)
タケノコ約300g(下茹でしてあるもの)
濃口醤油大さじ2
みりん大さじ1
砂糖大さじ1
かつおソフト削り約10g

作り方

1. 下茹でしたタケノコを食べやすい大きさに切ります。

2. 鍋に切ったタケノコを入れ、かぶるくらいのカツオ出汁約500ccを注ぎ、中火にかけます。

 

3. 煮立ったら、砂糖を入れひと煮立ちさせ、全体に回します。

 

4. 醤油を加えて、煮立たせながら醤油が回るように鍋をゆすります。

 

5. 仕上げにみりんで味を整え、照りを出します。

 

6. 火を止めて、かつおソフト削りをふりかけ、ざっくりと混ぜ合わせたら出来上がりです。

 
 

ワンポイントアドバイス

✓ ソフト削りがご家庭にない方もいらっしゃると思います。その場合、出汁用のかつお削りを使っていただいても構いません。大きくて食べにくいと感じるのでしたら、フライパンでサッと乾煎りしてから揉むと、カンタンに小さく砕け、食べやすくなります。

おすすめ記事

かつお出汁の取り方

かつお削りには薄削り・厚削り・ダシパックなどの種類があり、それぞれに適した出汁の取り方があります。煮て取る煮出し法や水に浸けて出汁を取る水出し法などもありますので、ここでは種類ごとにおすすめの出汁の取り方をご紹介します。
コメントなし

かつお節の種類と選び方

かつお節にはその削り方によって、薄削り・厚削り・血合い抜き削りなどの種類があります。どれも同じ「かつお節」ですが、削り方によって取れる出汁が異なりますので、適した料理も異なってきます。それぞれの削り節を用途ごとにご説明しますので、料理に合わせて適切な削り節を選べるようになりましょう
コメントなし

関連記事