1. HOME
  2. ブログ
  3. 本枯節中厚削りの出汁で作るそば粉のガレット

本枯節中厚削りの出汁で作るそば粉のガレット

この記事では、本枯節中厚削りの出汁で作るそば粉のガレットのレシピを紹介します。

「ガレット」とはフランス菓子のひとつです。
小麦粉を使って作る「クレープ」に似ていますが、ガレットはそば粉を使って作るのが一般的です。

このレシピでは、ガレットの生地を作るときに水の代わりに出汁を使っています。
本枯節中厚削りの出汁にはうま味成分のイノシン酸が含まれています。
イノシン酸は野菜やチーズと相性が良くうま味の相乗効果でガレットを一層美味しくしてくれます。

最近は手打ちそばを趣味にされている方も多いと思います。
余ったそば粉でガレットを作ってみてはいかがでしょうか。

このレシピで使っているおだし

本枯節中厚削り
かつお節の最高級品です。何度もカビ付けをして作られていますので、香り高く、うま味成分を豊富に含んでいます。そばつゆを作るときに使われることが多い出汁です。

材料(直径12~13cmの大きさで12枚分)

本枯節中厚削りの出汁280cc
そば粉100g
小さじ1/4
サラダ油小さじ1
包む具材サニーレタス・トマト・生ハム・チーズ・バナナ・バニラアイス・メープルシロップ・シナモンなどをお好みで

作り方

1. 本枯節中厚削りの出汁を取ります。詳しい取り方はこちらをご覧ください。

2.  そば粉100gを出汁280ccで溶きます。出汁は1度に全て入れずに1/3ずつ入れ、その都度溶きます。

3. そば粉がゆるくなめらかになったら、サラダ油小さじ1と塩小さじ1/4を加えて混ぜ合わせます。生地の出来上がりです。

 

4. フライパンを中火に掛けます。

5. フライパンを30秒ほど熱したら、お玉一杯の生地を中央から回し入れ、広げます。

6. 表面が乾いてきたら、フライ返しの背を生地の下にもぐりこませて、生地がフライパンから離れるようなら、裏返します。

7. 裏返したら、20~30秒くらい焼いて取り出します。焼き上がった生地をバットや皿などに広げます。

8. 同じように残りの生地も焼いていきます。

9. 包む具材を用意します。写真ではサニーレタス・スライストマト・生ハムを使用しています

10. 具材を包んだら完成です。

 
 

ワンポイントアドバイス

✓手順5: 使用するフライパンによって生地がくっつくようでしたら、オリーブオイルを少々ひいてください。
✓手順6, 7: フライパンに流した生地の厚さで、焼き時間を加減してください。
✓手順10: バニラアイス・メープルシロップ・シナモンを包むと、美味しいスイーツになります。

関連記事