1. HOME
  2. ブログ
  3. 日高昆布で作るクーブイリチー

日高昆布で作るクーブイリチー

このレシピでは日高昆布を使うクーブイリチーの作り方を紹介します。
クーブイリチーは沖縄県の琉球料理(郷土料理)で、昆布と豚肉の炒め煮を指します。
※ クーブは昆布、イリチーは炒め煮を意味します。

中国の食文化の影響を受けた琉球料理は「豚に始まり豚に終わる」と言われるほど豚肉を使います。
昆布は豚との栄養バランス・うま味の相性の良さから、古くから理想的な組み合わせとして食されてきました。
昆布と豚肉の炊き込みご飯「クーブジューシー」もその一つです。

昆布は長寿県「沖縄」の健康維持を支える食材のひとつと言われています。
琉球料理には昆布を使った料理が多いですので、ぜひいろいろなレシピを試してみてください。

このレシピで使っているおだし

日高昆布
出汁用/食用としても使える便利な昆布です。このレシピでは日高昆布で出汁を取り、そのまま炒め煮の具材として使っています。

材料

日高昆布40g
500cc
豚バラ肉100g
ニンジン300g (約中2本)
油揚げ2枚
ごま油小さじ2
かつお粉末小さじ1
日本酒大さじ2/3
みりん大さじ1
醤油大さじ1

作り方

1. 日高昆布40gを500ccの水に漬けて10分ほど置いてから細切りにして、さらに水に20分ほど漬け置きます。

2. 豚バラ肉を1cm幅ほどに切ります。

3. ニンジンを5mm幅、5cm長さほどの千切りにします。

4. 油揚げをサッと湯通しして、5mmの短冊切りにします。

5. 鍋を中火で熱し、ゴマ油を入れ、豚バラ肉・ニンジン・油揚げを1分ほど炒めます。

6. 細切りにした日高昆布を加え、全体が混ぜ合わさるようにサッと炒めます。

7. 昆布の戻し汁250cc・かつお粉小さじ1を加えます。

8. 煮立ったら中弱火にして、日本酒・醤油・みりんを加えます。

9. 時々、菜箸で混ぜ合わせながら、煮汁がなくなるまで12分ほど煮ます。

10. 鍋底に煮汁がなくなったら火を止めて、出来上がりです。

 
 

ワンポイントアドバイス

✓ このレシピでは日高昆布を使いましたが、食用に用いられる棹前昆布でも同じように美味しく作れます。
✓ 煮物は冷めながら味が染み込んでいきますので、作りたてよりも冷まし置いて温め直したものの方が美味しいです。

 

おすすめ記事

昆布の種類と選び方

昆布の見た目はどれも同じですが、出汁用・食用・飲用など用途が異なっています。この記事では、昆布の種類を用途ごとにご紹介し、さらに昆布の良し悪しを見分けるコツをお伝えします。
コメントなし

真昆布で作るクーブジューシー(昆布の炊き込みご飯)

このレシピでは、真昆布を使った「クーブジューシー」の作り方を紹介します。クーブジューシーは沖縄の郷土料理で、「昆布の炊き込みご飯」を意味しています。昆布は海の野菜と言われるほど、ビタミンやミネラルが豊富です。また、昆布のうま味成分はグルタミン酸であり、沖縄の豚肉料理(うま味:イノシン酸)と相性がとても良いのです。
コメントなし

関連記事