1. HOME
  2. ブログ
  3. そうめんつゆの作り方(昆布とかつお削り)

そうめんつゆの作り方(昆布とかつお削り)

今年も暑い季節がやってきましたので、昆布とかつお削りの合わせだしで作るそうめんつゆをご紹介します。食欲の落ちてしまいがちな暑い夏にピッタリのさっぱりとした麺つゆです。冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月ほど保存できますので、多めに作り置きしておくと便利ですよ!

材料(4人分)
ダシ600cc (鰹削り30g、利尻昆布 10g)
薄口醤油30cc
濃口醤油30cc
みりん50cc
砂糖小さじ1
作り方

1. 昆布とかつおの合わせ出汁を取ります

鍋に水1リットルと昆布を入れ、1時間ほど漬け置きます。
中火にかけて、昆布の周りにプツプツと泡が出てきたら、昆布を取り出します。

かつお削り30gを入れ、沸騰したら弱火にし、2分くらい煮出して火を止めます

火を止めて2分ほど置いたら、ザルなどでこします。
1リットルの水で煮出したダシですが、蒸発したり、昆布や鰹削りが水分を吸ったりするため、出来上がりは800ccほどです。麺つゆに使うダシは600ccですので、残った出汁は冷蔵庫や冷凍庫で保存して煮物などに使ってください。

2. 調味料を合わせます

鍋に、みりん50ccを入れて強火にかけ沸騰させ アルコール分をとばします。
煮立つ泡が細かなものから大きくなってきたら、アルコール分がとんだ目安です。

弱火にし、薄口醤油 30cc、濃口醤油 30cc、砂糖 小さじ1を加えます。

3. 出汁と調味料を合わせます

砂糖が溶けたら、出汁600ccを合わせます。沸騰させると香りや旨味がとんでしまいますので、煮立てないように気をつけながら、5分くらいとろ火にかけます。火を止めて、冷ましたら出来上がりです

使い切れなかった麺つゆは、製氷皿に小分け冷凍しておくことをオススメします。次の麺の時に必要な分だけ解凍して使えますし、煮物や丼物などにも便利です。

関連記事