1. HOME
  2. ブログ
  3. 太刀魚煮干しのダシガラのすり身揚げ

太刀魚煮干しのダシガラのすり身揚げ

このレシピでは、太刀魚煮干しのダシガラのすり身揚げを紹介します。
太刀魚にはウロコがないため、そのまま丸ごとすり身にできます。すり身の臭みを梅干しと生姜で取り、大葉や焼海苔で包んで香り豊かに仕上げています。

太刀魚のダシガラにはEPAやDHAなどの脳の成長に欠かせない成分が多く含まれています。
お子さまのおやつにぜひご活用ください。

※ 太刀魚煮干しの出汁の取り方についてはこちらをご覧ください。

このレシピで使っているおだし

太刀魚の煮干し
白身魚のたんぱくなイメージとは裏腹に、太刀魚は旨味がしっかりとしています。
ウロコがないので、そのまま簡単にすり身にできます。

材料

太刀魚煮干しのダシガラ25g
梅干し大粒1個
ショウガのみじん切り約大さじ1/2
焼海苔1/8切り 6枚
大葉(青じそ)6枚
小麦粉小さじ1(すり身に加えるもの)
少々(大葉と焼海苔にふりかけるもの)
揚げ油適宜

作り方

1. 太刀魚のダシガラ25gをフードプロセッサーやミキサーですりつぶします。

2. 梅干し1個の種を取り除きます。ショウガをみじん切りにします。

3. 手順1と2で作ったすり身・梅・ショウガをボウルに入れます。さらに小麦粉小さじ1をボウルに加えます。よく混ぜ合わせます。

4. 大葉6枚を洗って、水を拭き取ります。

5. 大葉(裏側を上)と焼き海苔を広げ、小麦粉を振ります。手順3で作ったタネをスプーンですくい、大葉と焼き海苔の上にそれぞれ乗せます。

6. 具を挟むように大葉を半分に折り合わせます。焼き海苔はクルクルまいて、水をつけて止めます。

7. フライパンに油を注ぎ、160℃に熱します。

8. 大葉と海苔で包んだ太刀魚を揚げます。既に火が通っていますので、片面30秒くらいずつで大丈夫です。

9. キッチンペーパーなどで油を切り取ったら出来上がりです。

 
 
 

ワンポイントアドバイス

✓ 手順1: 太刀魚のダシガラは柔らかいので、すり鉢を利用していただいても構いません。
✓ 手順7: 油に菜箸を入れて、箸先から気泡がでてくるのが160℃の目安です。

おすすめ記事

太刀魚煮干しのダシガラのポリポリ素揚げ

この記事では太刀魚煮干しのダシガラを素揚げにするレシピを紹介します。薄い煮干しですので、揚げ時間も1~2分程度。出汁を取ったついでに短時間でもう一品を増やすことができます。カルシウムやビタミンDが豊富ですので、ビールのおつまみや育ち盛りのお子さまにもオススメです。
コメントなし

関連記事