1. HOME
  2. ブログ
  3. かつお出汁のカルボナーラ

かつお出汁のカルボナーラ

ご家庭でも人気のイタリア料理、カルボナーラ

カルボナーラのソースは卵黄(あるいは全卵)がベースですので、
卵と相性の良い「トマト」や「魚介類」を加えるなどして、さまざまなアレンジがなされてきました。

和食の基本「出汁」も卵と相性の良い食材の1つです。
出汁と卵の組み合わせは和食では定番で、だし巻き卵茶碗蒸しなどに代表されます。

そこで、出汁を活用したカルボナーラのアレンジ方法として、
この記事ではかつお出汁を使った和風のカルボナーラの作り方を紹介します。

使っている出汁は宗田カツオとカツオの2種類です。
出汁の香りで食欲をそそられるだけでなく、とてもまろやかなカルボナーラに仕上がります。

ひと味違ったカルボナーラを作ってみたいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

このレシピで使っているおだし

宗田かつお削り
コクのある出汁が取れるため、チーズなどと合わせてもしっかりと出汁の風味をお楽しみいただけます。厚削りの代わりに、中厚削りを使っていただいても大丈夫です。

かつお粉末
宗田かつおの出汁は香りが弱いため、パスタソースにかつおの香りを加えるために使います。昆布粉も加えると、味がさらにまろやかになります。。

材料

スパゲティー100g
ひとつまみ
宗田かつお厚削り出汁100cc
バター大さじ1
ベーコン2枚
玉ねぎ中1/2個
塩・コショウ適量
生クリーム(35%)150cc
かつお粉末小さじ2
卵黄2個
パルミジャーノチーズ(粉末)大さじ2

作り方

1. 宗田鰹厚削り出汁を取ります。出汁の取り方はこちらを参考にしてください。

2. ベーコン2枚を1cm幅に切り、玉ねぎ1/2個をくし型の薄切りにします。

3. 鍋でスパゲティーを茹でる湯を沸かします。

4. フライパンに、バター大さじ1・手順2のベーコンと玉ねぎを入れ、塩・コショウを振り、弱火~中火に掛けます。

5. 2分ほど炒め、具材に火が通ったら、手順1の出汁を100cc加えます。

6. 出汁が1/3程度まで煮詰まったら、生クリーム150ccを加えます。

7. 火を弱め、生クリームが分離しないように、かき混ぜながら1分ほど煮詰めます。

8. 鍋の湯が沸いたら、塩ひとつまみを入れ、スパゲティーを茹でます。表示されている茹で時間よりも1分短く茹でてください。

9. スパゲティーが茹で上がったら、手順7のフライパンに入れ、卵黄2個・パルミジャーノチーズ大さじ2・かつお粉末小さじ2を入れ、手早く混ぜ合わせます。

10. お皿に盛り付けて、お好みで黒コショウをふりかけたら完成です。

 
 

ワンポイントアドバイス

✓手順1: コクよりも香りを重視するのであれば、宗田ではなく、本枯節や鰹の厚削りの出汁がオススメです。
✓手順8: かつお粉末を鍋に加えてスパゲッティを茹でると、出汁の香るスパゲッティが茹で上がります。

注: このレシピは、おだし香紡パステリア地中海の「出汁×イタリアン×食育」をテーマにしたコラボ企画【日本の伝統「出汁」のあたらしい使い方をイタリアンで!】で提供された【おだしのカルボナーラ】をご家庭向けにアレンジしたものです。

関連記事