1. HOME
  2. ブログ
  3. オイカワ焼干しの出し殻のサクッと唐揚げ

オイカワ焼干しの出し殻のサクッと唐揚げ

この記事では、オイカワ焼干しの出し殻(ダシガラ)の唐揚げレシピを紹介します。

オイカワ(追川・追河)は、脂質が少ないうえに良質なたんぱく質を持ち、ビタミンB12・ビタミンD・亜鉛も豊富です。クセがなく骨も柔らかいので丸ごと食べやすい魚です。ダシガラでも栄養や旨味が残っていますので、唐揚げにして頭から丸ごと召し上がってください。甘露煮や天ぷらにしても美味しく食べられます。

このレシピで使っているおだし

オイカワ焼干し
オイカワは、西日本の川や湖にすむコイ目コイ科の淡水魚です。クセがなく淡白な味わいの魚ですので、取れる出汁も淡い色合いで口当たりの良い味です。

材料

オイカワの焼干しのダシガラ30g
塩・コショウ少量
片栗粉大さじ2~3
揚げ油適量

作り方

1. オイカワのダシガラをバットに並べて、塩・コショウを振ります

2. 片栗粉をまぶします

3. 170~180℃に熱した油で揚げます

 

4. すでに火が通っているので、表面がカラッと揚がったら取り出します

ワンポイントアドバイス

✓ 揚げ油の170~180℃の温度は、菜箸を油に入れて全体から細かな泡が出てくる温度が目安です。
✓ そのままでも十分おいしいのですが、お好みでレモンや柚子コショウ、抹茶塩などを振りかけてください。
✓ このレシピでは片栗粉をまぶしましたが、素揚げにしてもカラッと美味しいです。

おすすめ記事

オイカワ焼干しの出汁の取り方

この記事では、オイカワの焼干しの出汁の取り方を紹介します。クセがなく骨も柔らかいので、甘露煮・唐揚げ・天ぷら・塩焼きなどで食べられることの多い魚です。クセのないオイカワの出汁は、淡い色合いで上品な風味です。出汁を取った後、身ごと召し上がっていただけますので、炊き込みご飯・お雑炊・味噌鍋などにご利用ください。
コメントなし

関連記事